検索エンジン

普段私たちが何気なく利用する検索エンジン。しかし技術的なしくみを ひもとくと、人間の手でウェブサイトを集めて整理した「ディレクトリ ー型検索サイト」と、すべてがソフトウェアで自動処理される「ロボッ ト型検索サイト」の2つに分けることができます。みなさんのサイトを検索エンジンに最適化するためには、相手である検索エンジンのことを よく理解する必要があります。

検索エンジンの利用法はほとんど同じ SEO をおこなうにあたり、まず検索エンジンのしくみについて 理解しなければなりません。普段みなさんが何気なく利用している検索エンジンは、 利用する側から見れば、基本的にどれも使い 方は同じです。検索ボックスにキーワードを入力して検索ボタン をクリックする、この一連の作業をおこなうことで、画面上に検 索結果の一覧が表示されます。
「表示させたい」なら検察エンジンをよく知ること しかし、この検索結果に、任意のキーワード検索時に自分のウ エブサイトを確実に掲載し ようと思うな ら話は別です。
実は検索エンジンは、それぞれ検索結果の画面も異なれば、ウ ェブサイトが並ぶ順番も 異なります。また、検索キーワードによっては動画や画像コンテンツが検索結果に混ざることもあります。 そこで、まず検索エンジンがどのように検索結果を表示し、ま たウ ェプページを登録し、どのようなルールにしたがって表示をおこなっているかを理解しなければSEO の対処のしょうがないの です。
SEO対策の対象とする検索エンジンを深く理解することで、はじめ て検索エンジン対策をするための土俵に立つことができるのです。
「ホームページ」と「ウェブサイト」について 日本では一 般的なホームぺージという言葉ですが、検索エンジンのしくみやSEO の説明をする際には、この表現では不都合があるため、「ウェブサイト」と「ウェブページ」という表現を用いて説明をしています。
「ウ ェブページ」と は、個々のベ ジを指す際に使用しま す。一方、「ウェブサイト」は複数のウェブページの集合を指す際に用います。